肝細胞癌 - 小幡裕

肝細胞癌

Add: zodoc37 - Date: 2020-11-22 19:34:23 - Views: 8835 - Clicks: 674

研究者番号 日本の研究. 肝細胞癌の性状,経過および予後からみたpivka-iiの臨床的意義 東京女子医科大学.消化器内科学教室(主任 小幡 裕教授) ア ジマ トヨ コ 安 島 豊 子. 【tsutaya オンラインショッピング】肝細胞癌/小幡裕 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画やdvd. 文献「肝細胞癌に対する集団検診方式の検討」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. ) PIVKA-IIの半減期を求めたところ, いずれの場合においても60hrであつた. 小幡 裕 東京女子医科大学. C型肝炎の臨床所見と自然経過(2)肝硬変,肝細胞癌 109巻5号 p. 文献「pivkaシリーズ 肝細胞癌の腫ようマーカーとしてのpivkas」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

文献「b型肝炎から肝細胞癌へ移行し著明な低血糖症状を伴った1例」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. Include Alias Names. 肝細胞癌に対するミリプラチン投与の有効性と安全性の検討: タイトル: 肝細胞癌に対するミリプラチン投与の有効性と安全性の検討: 英語タイトル-著者: 石田仁也, 小幡和彦, 中尾裕, 二上敏樹, 根岸道子, 竿代丈夫, 田尻久雄: 所属. ) K欠乏症と肝細胞癌 (HCC) において, 血漿異常プロトロンビン (Protein Induced by Vitamin K Absence or Antagonist-II, PIVKA-II) 高値例に対して vit. 6%)で あっ た。.

所属 (現在):京都大学,薬学研究科,客員教授, 研究分野:消化器外科学,消化器外科学,外科学一般,外科学一般,実験病理学, キーワード:食道癌,STAT,癌,正常食道上皮,miRNA,Esophageal cancer,EGF,FHIT,癌幹細胞,EGFR, 研究課題数:38, 研究成果数:182, 継続中の課題:食道原発神経内分泌癌における分子生物学. 60-64. 3・7・2 欧文誌名の省略は,「List of Journals Indexed in lndex Medicus」(U. Exact Title Match Include Uniform Titles. 1: 谷川 久一: : 特集. 26 肝細胞癌に対する集団検診方式の検討 第31巻2号. *1: 肝細胞癌 早期発見のために、小幡裕・水谷龍二編著、中外医学社、1986年より引用 *2: 松田政徳, 藤井秀樹、特集 本邦における非b非c肝癌の実態 日本住血吸虫症、肝胆膵, 54(3) : 361-369,. 40) 田島 吾郎, 村瀬 勝俊, 近藤 哲矢, 杉本 琢哉, 田原 憲一, 小池 大介,ほか.肝細胞癌と鑑別困難な肝転移を伴うAFP産生胃癌の1例.Liver Cancer. 健常者及び肝細胞癌(hcc)を含む各種疾患例において血漿中の異常プロトロンビンpivka-ii (p-ii)をeia法を用いて測定し,hcc例の57.

7%)で あった。また,家 族集積率は35例(10. 林直諒・小幡裕 原発性肝細胞癌は高率に肝硬変を伴っているが,これ らに関しては諸家の多くの報告がある.今回は当センタ ーにおいて,手術および剖検により確診された原発性肝 細胞癌54例のうち,肝硬変を伴わない15例(非硬変群). 5.斉藤明子,小幡 裕.小肝細胞癌病態の推移. 小幡 裕,水本竜二編.肝細胞癌:早期発見のた めに.東京:中外医学社;1986. com : 268908 科研費研究者番号 :所属 1990年度 (平成2年度) 東京女子医科大学 ・医学部・教授. 原発性肝細胞癌に対するアドリアマイシン含有ハイドロキシ・カルシウム・アパタイト焼結体粒子局注の試み Trial of local injection of adriamycin containing hydroxy calcium apatite particle injection to primary hepatocellular carcinoma.

異所性肝と異所性肝細胞癌. 昭和16年下肢骨折時トロトラストによる血管造影を施行され,昭和58年より. 肝臓病が気になる人へ : 肝炎、肝硬変、肝ガン、アルコール性肝障害. 文献「多施設での肝細胞癌におけるpivka-iiの臨床的評価」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 裕 小幡&39;s 116 research works with 1,407 reads, including: 肝疾患におけるAustralia抗原陽性例の検討 : 慢性肝炎症例を中心として. 1: 小幡 裕: : 特集論文: C型肝炎とアルコール肝障害との関係 109巻5号 p. Pontaポイント使えます! | 肝細胞癌 早期発見のために | 小幡裕 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 大型の高分化型肝細胞癌切除症例の臨床病理学的検討 濱野 美枝, 高崎 健, 山本 雅一, 斎藤 明子, 中野 雅行 肝臓 41(10), 711-715,.

肝臓病-今日の話題 - 小幡裕 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 腹腔鏡 9 (小幡裕, 西内明子監修), p53-59, 日本. 肝硬変および肝硬変合併肝細胞癌における 食道静脈瘤の進展について 東京女子医科大学 消化器内科学教室(主任 小幡 裕教授) ヒラ タ フミ コ 平 田 文 子 (受付 昭和62年5月16日). 1: 長谷川 潔: : 特集論文: C型肝炎の臨床所見と自然経過(2)肝硬変,肝細胞癌 109巻5号 p. 胆管細胞癌,肝細胞癌,胃癌の3重複癌の発生をみたトロトラスト沈着症の1例:トロトラスト沈着症の1例 鴨川 由美子, 林 直諒, 喜多島 聡, 久保井 宏, 栗原 毅, 進藤 仁, 山本 和夫, 田中 精一, 武藤 晴臣, 高崎 健, 小林 誠一郎, 小幡 裕, 豊田 智里 肝臓 28(12),, 1987. ヒト肝癌細胞のプロトロンビン前駆体産生に及ぼすビタミンk類の生理活性 : 日本ビタミン. K / 肝癌細胞 / プロトロンビン関連抗原量 / F-II Research Abstract 肝細胞癌(HCC)138例中81例(59%)で血漿PIVKA-IIは陽性で肝硬変67例では全例陰性を示し、PIVKA-IIはHCCに高い特異性がみられた。. 7 やさしい医学と健康のシリーズ.

hso-15 犬肝細胞癌におけるβ-カテニンの核内移行と病理組織学的および臨床的特徴との関連性 458 小幡 善紀、遠藤 能史、石崎 友美、廉澤 剛 肝細胞癌 - 小幡裕 (酪農大 獣医学類伴侶動物医療学分野伴侶動物外科2ユニット). 異所肝 ( accessory liver ) より発生した肝細胞癌; 6. 肝細胞癌 - 早期発見のために - 小幡裕 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):東京女子医科大学,教授, 研究分野:消化器内科学, キーワード:腫瘍壊死因子(TNF),アラキドン酸代謝産物,補体,リンパ球亜分画,微小循環障害,細胞外マトリックス,HBV変異株,TGF‐β,interleukinー6(ILー6),肝微小循環, 研究課題数:2, 研究成果数:0. 15(11) ← 前の巻号 後の巻号 →. Kを大量持続投与し (50mg 20日間連日i. 肝細胞癌に対する集団検診方式の検討 島田 宜浩, 並木 正義, 小幡 裕, 荒川 泰行, 河村 奨, 福本 四郎, 斎藤 明子, 池田 敏 著者情報. National Library of Medicine).

臨床成人病 : 日本成人病学会準機関誌. 15) 胆管内発育をきたし, 閉塞性黄疸を呈した肝細胞癌の1例(ii. 一般演題, 第15回リバーカンファレンス総会) フォーマット: 論文(リポジトリ) 責任表示: 伊藤, 信市 ; 堀, 聡彦 ; 小島, 豊雄 ; 片桐, 次郎 ; 渡辺, 裕 ; 大貫, 啓三 ; 市田, 文弘 ; 福田, 剛明 出版情報:.

東洋出版 1992. 林直諒・小幡裕 原発性肝細胞癌は高率に肝硬変を伴っているが,これ らに関しては諸家の多くの報告がある.今回は当センタ ーにおいて,手術および剖検により確診された原発性肝 細胞癌54例のうち,肝硬変を伴わない15例(非硬変群). 肝細胞癌 / PIVKA-II / vit. 小幡 裕 東京女子医大消化器病センターの論文や著者との関連性.

初期肝細胞癌の発育・進展の病理 中野 雅行, 斉藤 明子, 高崎 健, 小幡 裕, 小林 誠一郎 肝臓 31(7), 754-761, 1990. 3 図1 性・年齢階層別例数 表3 肝細胞癌患者における既往歴,家族歴,生 活歴の頻度 であり,3合 以上の常習飲酒家は105例(30. 裕 小幡&39;s 116 research works with 1,500 reads, including: 巨大肝癌の1手術例.

肝細胞癌 - 小幡裕

email: iqocuh@gmail.com - phone:(739) 250-6725 x 2601

海雨 - 吉川宏志 - 幼児の体育 子どもの未来づくり

-> 感染領域 - くろきすがや
-> 声楽ライブラリー 呼吸と発声

肝細胞癌 - 小幡裕 - 日本プラン GOODNESS


Sitemap 1

日本の土地をどうする? - 『週刊住宅情報』編集部 - Tokotoko ななひかり